Member


華波 蒼(Kanami Sou)
究極の劇作家。ユニークすぎる世界観を展開するため、一度その頭をかち割って中を見てみたいともっぱらの噂。
真ん中に立てば、華奢な体躯から繰り出される深みのある歌声と、どうしようもなく苦労性なキャラを武器に多くの観客を虜にしている。

斎 桐真(Itsuki Tohma)
不動の敬語眼鏡キャラを確立。芝居になると他の追随を許さぬ怪演を発揮してくるので癖になると評判。
情報戦に長けており「ここで飲んでる」と1枚写真を送っただけで数分後に店まで正確に特定してくるので執念深い方のタイプの眼鏡なんだと思う。

月夜見 翔(Tsukiyomi Kakeru)
稀代のダンサー。ずばぬけて長い四肢を生かして振付も担当。
石川五右衛門と峰不二子の間に子供が生まれたらこんな感じであろうという色気を存分にまき散らしいつも何かしらの渦中に巻き込まれている印象だが、本人は軍人気質で至って真面目。